赤ちゃんの寝かしつけのコツ3つ!それダメNG行動していませんか?

子育ての悩み
この記事は約5分で読めます。

赤ちゃんの寝かしつけにはコツがあります。

 

いくらかわいい赤ちゃんでも寝かしつけに時間がかかってしまうと

慣れない子育てで徐々にママやパパが疲労してしまいます。

 

寝ていることが時間が多い赤ちゃんを

いかにスムーズに寝かしつけることができるのか、

ママやパパの永遠の課題です。

 

私が実際に行って効果のあった

寝かしつけの方法をご紹介しますので

参考にしてみてください。

 

今より寝かしつけの時間を時短させましょう!

 

赤ちゃんの寝かしつけのコツを知りたい!なかなか寝てくれないのはなんで?

生まれたばかりの赤ちゃんは

「体内時計」がしっかりと確立していません。

 

そのため短い間隔で、しかも昼夜問わず

寝て起きてを繰り返します。

 

赤ちゃんは大人と違い上手に眠ることができずに

眠いけど眠れない状態をどうしたらいいのか分からずに

ぐずって泣くだけでなかなか寝てくれないことが多いです。

 

新生児期は2時間おきにミルクやおむつ替えなどの

ちょっとしたことで起こされてしまうので

最初はリズムを作ることは厳しいです。

 

しかし生後2、3か月ごろから

少しずつまとまって眠ってくれるようになるので

赤ちゃんの様子を見ながら少しずつ

眠るまでのリズムを作ってあげるようにしましょう。

赤ちゃんの寝かしつけのコツとしてそれは絶対やっちゃダメ!睡眠妨害していませんか?

やってしまいがちなあの行動が、

実は赤ちゃんの寝かしつけには

真逆の行動だって知っていましたか?

 

それは寝ているときに赤ちゃんが少しぐずりだしたらすぐに抱っこしてしまう行動です。

 

私も初めての子育てでやってしまいました。

 

赤ちゃんが少しぐずりだすと

「どうしたの?」

と声をかけてしまっていました。

 

それが逆に赤ちゃんを起こしていたのです。

一度声をかけてしまうと余計に泣き出して、

抱っこして寝かしつけなければいけない負のループの始まりでした。

 

産後の2か月くらいはこれを繰り返していて

「こんなに子育てってキツイものなの?」

と疲弊していた時期がありました。

 

地域の子育てママが集う施設などに足を運んで

他のママさん達が実践している寝かしつけのコツを試してからは

少しずつ子育てを楽しめるようになってきました。

 

赤ちゃんの寝かしつけのコツを先輩ママに聞いてきました

私が同じ子育て中の先輩ママさんから聞いて試した方法は3つあります。

1.寝るまでの流れを決める
2.赤ちゃんが眠れる環境を整える
3.赤ちゃんが眠れるように空腹を満たす

この3つです。

1つずつ解説していきますね。

1.赤ちゃんが寝るまでの流れを決める

普段なら赤ちゃんが眠るまで一緒になって遊んでしまっていた私。

これは逆に眠気を吹き飛ばしてしまっているようです。

 

生後2、3か月するとまとまって眠る時間も長くなってきたのと

共働きだった私は最短の生後2か月ごろには

保育園に預けなければいけませんでした。

 

保育園での生活で慣れない環境や疲れすぎて

最初のうちは夜はなかなか寝て欲しい時間に

眠ってくれないことが多々ありました。

 

そこでまず

「お風呂に入ったらミルクを飲んで布団に入る」

流れをつくりました。

 

そして、寝る時間は9時頃、起きる時間は7時を目安にしました。

 

少しずつ赤ちゃんのなかでも

生活のリズムができてきたようで、

数か月すると時間が来ると寝かしつけにかかる時間も

短くなってきたようでした。

 

2.赤ちゃんが眠れる環境を整える

騒がしくて明るい環境では赤ちゃんが眠れるはずはありません。

または物が散乱しているベッドの上なんかも眠りにくいですよね?

 

これは大人も同じですよね。

 

赤ちゃんの場合は

包み込まれるような感覚が安心感に繋がるので

おくるみなどでくるんであげると

スムーズに眠れることもあります。

 

赤ちゃんの骨の構造上、

丸まったCのような形になっているので

頭と足元をタオルやおくるみなどで少し高くしてあげると

眠りやすい姿勢になります。

 

赤ちゃんは大人より体温が高く体温調整も苦手ですので、

部屋の温度の設定にも気を付けてみましょう。

おおよそ25〜27度にエアコンの温度設定をします。

 

3.赤ちゃんが眠れるように空腹を満たす

赤ちゃんは、お腹が空いていてもなかなか眠ってくれません。

 

眠る前にミルクを飲ませて空腹を満たしてあげましょう。

 

そして、飲ませた後はゲップを忘れずにしましょう。

だいたい10分〜15分はゲップを出すために

縦抱きをしてあげてくださいね。

 

まとめ

今回ご紹介した寝かしつけのコツとしては

赤ちゃんが眠りやすい状態とはどんな状態かを意識するということです。

 

最初はなかなか上手くいかずに心が折れそうになっても、

ゆっくりではありますが赤ちゃんも成長とともに

上手に寝ることができます。

 

今は、眠る練習をしているので焦らず幸せな時間にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました