4歳になるのにママに依存しつづけるのは何故?理由と対策を教えます

子育ての悩み
この記事は約5分で読めます。

もう4歳になるというのに、ママに依存して困るという経験ありますよね。

 

「ごはんはママのとなりがいい!」

「パパはやだ!」

「着替えるのもママがいい!」

「とにかくママがいい!」

 

こんな状態だとママは家事も進まないし、疲れるし、

イライラしてきますよね。

 

なぜこんなにママに依存するのでしょうか?

ママから離れるにはどうすればいいのでしょうか?

 

今回はその理由と解決策を教えます。

4歳児がママに依存する理由

小さいころからママにべったりだった

小さいころから人見知りで、

ママにくっついていたこどもは

成長してもママから離れられないことが多いです。

 

これはその子が育ってきた環境にもよりますが、

その子のもって生まれた性格によるものが一番大きいです。

 

パパはやだという子も多いですが、

これはパパが嫌いというわけではなく、

「ママがいい」ということなので

パパはそこまで落ち込む必要ないですよ。

 

ママはこどもの細かいことにも気が付くので

自然と居心地よくなるのでしょう。

幼稚園などでストレスを抱えている

4歳になる年は幼稚園が始まります。

 

親元を離れて生活をするだけでこどもはストレスがたまります

 

家の外でいい子に過ごした分疲れています。

 

本当は自分でごはんも食べられるし、着替えもできるけど

家では甘えたくなってママを頼ります

 

「自分でできるのになんでやらないの?」

とは言わずに頑張っているわが子を甘やかしてあげましょう

 

そうすることで、また保育園でいい子に頑張れるものです。

4歳児の「ママがいい!」から離れられる?

甘えたいだけ甘えさせる

こどもが甘えてきても、忙しいママは甘やかす時間もありません。

しかし、こどもにとってママは安心できる家のようなものです。

 

安心できる家に帰りたくて、ママに甘えます。

 

そんな家に入れなくなってしまえば、不安で不安で

なんとか家に入ろうとしてしまいますよね?

 

逆にいつでも入れる、安心できる家があれば

すこし一人の時間も過ごせるようになります。

 

すぐに独り立ちしてほしい気持ちもわかりますが

気長に付き合って、こどもの気持ちを大事にしましょう。

 

こどもにとっての安心の家になってくださいね。

ママが良いけどパパと過ごすのも楽しい!

こどもは「ママがいい!」のであって「パパが嫌い」

というわけではありません。

 

パパの出番もたくさんあります。

 

ママに出かけてもらって、

パパと二人の時間もたくさん作りましょう。

 

こどもにとって、パパもただの遊び相手ではなく

パパも安心できる家なんだと思ってもらいましょう

 

もちろん、本当に不安な時はママのところに行きますが、

少しの不安ならパパに甘えるだけで解決できるようにもなります。

 

パパも根気強くが大事です。

ママ、ママと甘えるこどもの態度に

すぐ落ち込まないようにしましょう。

 

4歳児の「ママかまって」を叶えてあげるためにも家事を手抜きする日をつくる

こどもが甘えてくるのにイライラしてしまうのはなぜでしょう?

 

普通ならかわいいわが子が甘えてくれば、

かわいいものですよね?

 

なぜイライラするかというと、

大人が思い通りに動けないからです。

 

ママは食事の支度、洗濯、片付けなど

たくさんやることがあります。

 

頑張り屋さんのママが多く、そんなママほど悩んでしまいます。

 

我が家では2日に1度は手抜き料理の日になっています。

 

具体的には、大人のごはんがレトルトや惣菜になる感じです。

レトルトや惣菜になると洗い物も減って一石二鳥ですよ。

 

たまに洗濯物はこどもたちが寝てから夫婦でやったり、

洗い物はパパがやって、ママが子供たちと遊んだり、

ママが家事に追われないようにしています

 

ママも毎日100点を目指さなくていいので、

ほどよく手を抜いて、気持ちを楽にしてくださいね。

 

大切なわが子と触れ合う時間が一番大事ですから。

ママ依存の4歳さんへのNG行動

甘えてくる子を突き放すのは絶対NG!

甘えてくるこどもを突き放すのはNG行動です。

 

甘えたいのに甘えられないとなれば、

こどもはさらに甘えるようになるでしょう。

 

家に入れないとなれば、なんとか家に入ろうとするものです。

 

後追いされて、やりたいこともできないとうんざりしますよね。

「ママはやることがたくさんあるの!!!」

と、こどもに言いたくなりますよね。

 

しかし、純粋な気持ちで甘えてくるわが子の気持ちを

大事にしてあげてください

まとめ

甘えてくるこどもの多くは不安やストレスを抱えています。

その甘えを親が受け止めてくれることで、こどもは安心します。

 

こどもは外でたくましく生活しているので、

家にいるときは甘えさせてあげてください。

 

甘えさせたいけど、やらなければいけないことがたくさんある。

その気持ちはすごくわかります。

 

上手に育児している人は、上手に手を抜いています

 

ママはこどもにとっての帰るべき「家」のような存在です。

 

いつでも帰っておいでと、穏やかな気持ちでいる必要があります。

 

パパに任せて、リラックスする時間も大事です。

 

こどもが安心して一人で過ごせる環境づくりをしましょう。

夫婦力あわせてがポイントですね!

タイトルとURLをコピーしました