夏は抱っこ紐とベビーカーどっちがおすすめ?効果的な暑さ対策も紹介

子育てに便利なアイテム
この記事は約5分で読めます。

暑い日の赤ちゃんとのお出かけは

大人にとっても子供にとっても大変。

 

小さな赤ちゃんがいるうちは、

熱中症にならないか?

と心配になるものです。

 

日中の暑い時間の外出は避けたいものですが

どうしても外出しなければならない場合もありますよね。

 

そんな夏の暑い時間帯のお出かけですが、

「抱っこ紐」「ベビーカー」

のどっちが良いのでしょうか。

 

抱っこ紐とベビーカーのメリットデメリット

そしてそれぞれの効果的な

暑さ対策を踏まえて解説していきます!

 

夏のお出かけは抱っこ紐とベビーカーどっちが良い?

夏場の抱っこ紐のメリット&デメリット

夏の抱っこ紐のデメリット

まず、抱っこ紐の場合は親子で密着することになるので

とにかく熱がこもって暑いです。

 

お互い汗ばんでベタベタしてしまったら、

「早く帰りたい!」

となってママも赤ちゃんも気分も下がってしまいますよね。

 

また、長時間の移動ともなると

大人も肩や腰に負担がかかって疲れて果ててしまうこともあり、

赤ちゃんが大きくなってきたらもっと大変です。

夏の抱っこ紐のメリット

でも、階段の多い場所や公共交通機関を使うことが

あらかじめわかっている時なら

抱っこ紐はベビーカーより動きやすくて便利!

 

また、密着していて赤ちゃんとの距離が近い分

ベビーカーよりも赤ちゃんの様子がよくわかるので

体調の変化に気付きやすいということもあります。

 

背面式のベビーカーの場合

何度も回り込んで赤ちゃんの様子を

確認しなければいけません。

 

小さな動作でも、お出かけ中に何度も行うとなると

とても疲れてしまいます。

 

抱っこ紐なら、赤ちゃんのお顔との距離が近いので

顔色や息遣いなども視線を落とすだけで

すぐにわかるのはとても安心ですよね。

 

そして、抱っこ紐なら両手が空くので

雨や日差しが強い日でも傘や日傘をさすのも楽というメリットも!

 

夏場のベビーカーのメリット&デメリット

夏のベビーカーのメリット

では、ベビーカーの場合はどうでしょう。

 

ベビーカーの最大のメリットは、なんといっても

移動がスムーズということ!

 

赤ちゃんが成長して体重が増えてくると

抱っこ紐で抱えながら移動するのは体力的にもしんどいです。

 

ベビーカーなら赤ちゃんと密着することもないですし

抱っこ紐より風通しも良いです。

 

また、お出かけ先で荷物が増えたとしても

ベビーカーなら困ることはありません。

夏場のベビーカーのデメリット

しかし、外出先が階段やエスカレーターしかないような場所の時は、

ベビーカーはとても不便です。

 

段差を上り下りするたびに

ベビーカーを畳んで赤ちゃんを抱えて・・・。

 

この動作はとても疲れますし

赤ちゃんを落としてしまう危険もあります。

 

また、ベビーカーでお出かけの時に

気をつけなければならないのは

太陽光だけでなく、

アスファルトからの照り返しの熱が

抱っこ紐よりもダイレクトにきてしまうことです。

 

抱っこ紐のように常に赤ちゃんの状態が確認できるわけではない分

熱中症の心配は高まってしまうかもしれません。

夏の抱っこ紐やベビーカーの暑さ対策

抱っこ紐の暑さ対策

抱っこ紐だと密着して暑いというお話をしましたが

そんな時の暑さ対策を紹介します!

お母さんと赤ちゃんの間に保冷剤を入れる。

意外ですが効果は抜群です。

 

また保冷剤をタオルでくるんであげる

冷えすぎや溶けた時に濡れるのを防いでくれます!

 

また、長い時間の外出になってしまう場合は

交換用の保冷剤を保冷バッグに入れて持っておくと安心かと思います。

ベビーカーの暑さ対策

ベビーカーの厚さ対策としては

・ベビーカーに取り付け可能な扇風機を使うこと。
・シートがメッシュタイプのベビーカーにする。
・赤ちゃんの下に保冷剤を敷いてあげる

などで対策できます。

 

抱っこ紐と違って保冷剤の上に

赤ちゃんを寝かせることになるので、

ジェルタイプの保冷剤だと

ゴツゴツしなくて赤ちゃんも快適かと思います。

夏は抱っこ紐とベビーカーどっちがおすすめ?

ここまで抱っこ紐とベビーカーの

メリットとデメリットについて

解説してきましたが、

結局のところどちらが快適にお出かけできるのでしょう。

 

どちらかを選ばなければならないとしたら、

私はベビーカーをおすすめします。

 

まだ赤ちゃんが小さいうちは抱っこ紐でも

体力的な負担はそこまで大きくないかもしれません。

 

ですが、赤ちゃんの成長とともに

ずっと抱きかかえながらの移動はやはりしんどくなってきます。

 

ただやはり「両方持っておく」というのが一番良いです。

両方持っておけば、

状況に応じてメリットのある方を使い分けることができます。

 

そして、抱っこ紐とベビーカーを

「選び方・暑さ対策」

だけで決めるのではなく

お出かけの時間帯を調整したり

その日の赤ちゃんの体調を最優先して、

無理にお出かけしないというのも重要だと思います。

 

あまりにも暑すぎる日や、

お母さんや赤ちゃんの体調が優れない時に

無理に外出したとして、

何かトラブルがあったら心配です。

 

ワンオペなら尚更ですよね・・・。

 

ただ、どうしても出かけなければならない場合もあると思います。

 

そんな時はお母さんも赤ちゃんも安心してお出かけできるよう、

今回紹介した対策を十分行うようにしましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました