お風呂のおもちゃも男の子は動く物が大好き!カビにくいお奨め7選!

おもちゃ
この記事は約5分で読めます。

男の子はいつでもどこでも遊びたい盛り。

もちろんお風呂も例外ではありません。

彼らにとってはお風呂でさえ遊ぶためのフィールド。

ただ身体を洗うだけだと物足りないみたいですね。

 

そんな男の子たちに

どんなお風呂おもちゃをあげればいいんだろ…?

そんな悩みを持つあなたに、

男の子3人子育て中の私が

実際に我が家でヒットしたお風呂遊びのおもちゃ

をご紹介していきます。

 

イレギュラーなものも含まれていますが、ぜひご覧くださいね。

 

先に結論ですが

我が家の男の子たちにヒットしたお風呂おもちゃは次のとおり。

・ゼンマイ仕掛けで泳ぐおもちゃ
・壁にくっつくスポンジパネル
・大量の氷
・マヨネーズやソースの容器
・地図ポスター
・スーパーボール
・釣り系おもちゃ

結局、男の子たちは

「動くもの」や「意外なもの」

によく反応することが分かりました。

お風呂のおもちゃに男の子大好きアイテムを紹介

お風呂おもちゃ【ゼンマイ仕掛けで泳ぐおもちゃ】

子供たちがまだ小さい頃からこのおもちゃは大人気です。

 

しかもゼンマイを回すとしっぽが動いて泳いでくれるという超シンプル構造。

男の子は動くものによく反応しますが、

きっとこれは生まれ持った本能なのでしょう。

お風呂おもちゃ【壁にくっつくスポンジパネル】

こちらはお風呂の壁にペタペタ貼れる積み木のようなイメージです。

もちろん平面なので、

本物の積み木のように立体的にはなりません。

 

しかし彼らは色んな形のスポンジパネルを組み合わせながら

自由に世界観を表現していました。

お風呂おもちゃ【大量の氷】

意外に思われるかもしれませんが、

我が家では「大量の氷」が最も盛り上がるおもちゃです。

これは偶然の発見でした。

海釣りから帰った際にクーラーボックスに大量の氷が余っており

それを入浴前にお風呂の洗い場にぶちまけておいたんです。

するとそれを見た子供たちのテンションがMAXに。

おもちゃと呼べるかはさておき、

「お風呂に氷」

という相反するものが男の子の探求心をくするぐったようです。

ちなみに氷は漁港に行くと10kg300円ほどで買えます。

お風呂おもちゃ【マヨネーズやソースの容器】

一般的にお風呂おもちゃの定番は水鉄砲ですよね。

ただ我が家では水鉄砲ではなく

マヨネーズやソースの空き容器を代用しています。

理由は、カビが生えにくいし生えてもすぐに分かるから。

 

水鉄砲の代わりとして使えますし

それ以外にも遊び方は様々あるので万能おもちゃです。

 

お風呂おもちゃ【地図ポスター】

知育系で攻めるなら浴室の壁に貼れるポスターですね。

 

もちろん、ひらがなや算数ポスターも好きなのですが、

あえて地図ポスターを挙げたのは理由があります。

それは、親子の会話がとても広がるからです。

 

地理に詳しいパパママなら、

地図ひとつで会話が無限に広がること間違いなし。

お風呂おもちゃ【スーパーボール】

冒頭で「男の子は動くものが好き」とお話ししましたが、

このスーパーボールもその一つ。

 

湯船の中で浮いたり沈んだりするのがとても面白いようです。

 

ただし、まだお子さんが小さい場合は

小さなスーパーボールを誤飲してしまうリスクがあるので注意が必要です。

お風呂おもちゃ【釣り系おもちゃ】

釣り系おもちゃも、お風呂おもちゃの定番です。

湯船に浮かべた魚をマグネット付きの釣り糸で釣るという原始的なおもちゃ。

 

だだ、我が家でヒットはしたものの長続きしませんでした。

理由は、すぐに釣り糸が絡まってしまうから

 

釣り竿が1本だけ入っていることはあまりなく

ほとんどが2本セット。

するとこの2本の釣り糸がお互いに絡み合ってしまい

釣りができなくなってしまいます。

遊んだ後きちんと管理できるなら楽しいおもちゃなのは間違いないですね。

お風呂おもちゃのカビ対策

お風呂おもちゃと切っても切り離せないのがカビ対策

浴室をどんなに換気していても、

カビが生えてしまって衛生的に無理!

と処分されてしまうおもちゃは多いですね。

 

そこで我が家のカビ対策は単純明快。

「そもそもカビが生えやすそうなおもちゃは買わない」

「おもちゃ収納ネットも使わない」

この2点のみ。

それぞれ解説していきます。

そもそもカビが生えやすそうなおもちゃは買わない

特に筆者が水鉄砲系のおもちゃを買わない最大の理由は、

カビが生えやすいからです。

 

内部に水がたまるタイプのおもちゃは、

いくら外側を乾燥させてもカビの温床になってしまいます。

だったら最初からそういうものを浴室に置かない

という結論に至りました。

 

上記で挙げてきたおもちゃは内部に水がたまりにくく

比較的カビが生えにくいタイプです。

お風呂用おもちゃ収納ネットも使わない

お風呂おもちゃのカビ対策として

よく挙げられるのが壁から吊るすタイプのネットです。

 

これを使わない理由は

子供たちはネットに入れたおもちゃをわざわざ出して遊ばない

という法則があるから。

 

子供たちは基本的に、面倒なことはやりたがりません

そうやってネットに入れっぱなしになったおもちゃにカビが生えていくのです。

まとめ

最後にまとめですが

男の子ウケするお風呂おもちゃは

動くもの」と「知育系」の組み合わせで、

かつカビの生えにくいものがおすすめです。

 

そしてたまには単発で

最強のおもちゃである「大量の氷」を投入しましょう(夏限定)。

 

氷なら溶けてなくなるのでカビが生えることもありませんし

子供たちの幼い頃の思い出にもなるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました