1歳児の寝付きが悪い理由はまさかのあれ!?理由と効果的な対処法

未分類
この記事は約6分で読めます。

1歳児の寝付きが悪いと親御さんも困るし、

寝不足になってしまいがちで困りますよね…。

 

とはいえどうすれば1歳児の寝付きが悪いのを改善できるの?

そもそもなぜ1歳児の寝付きが悪くなってしまうのかも気になるところ。

 

そこで今回は、1歳児の寝付きが悪いときに考えられる理由や、

寝付きを良くすることが出来る、おすすめの対処法を紹介します!

 

1歳児の育児をなさっているのでしたら、ぜひ参考にしてみてくださいね!

1歳児の寝付きが悪い主な理由はコレ!理由が分かれば納得できる!

 

1歳児の寝付きが悪いのは以下のような理由が考えられます。

 

寝る直前に興奮している

寝る直前に1歳児がはしゃぎまわったりして興奮すると、

寝付きが悪い状況になってしまいがち…。

 

私も子供の頃、寝る直前まで遊んでいたりすると、

なかなか寝付けなかった経験があります。

 

また、寝る直前に1歳児にテレビやスマホ、

タブレット端末の画面を見せてしまうのもNGですね。

 

やっぱり何かの映像などを見せてしまうと、

脳が刺激されてリラックス状態にならないため、

寝付きが悪くなってしまいますよ!

 

また、新しいおもちゃをもらえた日は、

どうしても興奮しやすいため、寝付きが悪い場合もあるんです。

 

1歳児だと元気よくはしゃぎまわることが多いので、

寝付きが特に悪くなりやすいでしょう。

 

 

寝る前に入浴をしてしまっている

 

寝る前に入浴をしてしまっていると、

目が覚めてしまったり、眠気が飛ぶこともよくあります。

 

私も小さい頃、寝る直前にお風呂に入った日は、

確かに寝付きが悪いことが多かったですね。

 

寝付きが悪いのを改善するためにも、

入浴時間を変えることも検討すると良いですよ。

 

寝室が適切な気温ではない

 

寝室が暑すぎたり寒すぎたりすると、

1歳児の寝付きが悪くなりやすいですよ!

 

特に暑いと寝付きづらいもの。

 

私も子供の頃から暑がりなので、夏場は必ず、

クーラーをつけないと寝付きがかなり悪かったです。

 

寝付きが悪い状況や環境にしないためにも、

温度管理を徹底すべきでしょう。

 

寝室の照明が明るくまぶしい

 

寝室の照明が点いたままだと、

まぶしくて安眠しづらい場合もあります。

 

寝付きが悪いのでしたら、寝室の環境を今一度、

チェックして安眠しやすいように改善するべきですね。

 

寝室にいても他の部屋の音や声が聞こえる

 

寝室にいると、他の部屋からテレビの音や家族の声が聞こえると、

1歳児の寝付きが悪くなりやすいもの。

 

静かな部屋の方が確かに安眠できますもんね!

 

ということで寝室はうるさくないか、

1歳児を寝かしつける際に確認していきましょう。

 

 

以上が1歳児の寝付きが悪い場合に考えられる理由です。

 

寝付きが悪いのには何かしらの理由があるので、

それを対処するといいですよ!

1歳児の寝付きが悪い場合に試してほしい対処法

1歳児の寝付きが悪いのでしたら、以下の対処法をしていきましょう。

 

寝る直前には興奮させないようにする

 

寝る直前には興奮させないようにするのが効果的なので、

寝る30分前になったら、おもちゃを片付けてしまい、

テレビなどの画面も絶対に見せないようにしてくださいね。

 

そして脳をリラックスさせて、興奮状態を鎮めていくのがベスト。

 

特におもちゃをきちんと全部、

片付けるようにすれば、興奮状態も抑えられます。

 

私の友人も娘さんを寝かしつける時は、

寝る30分前になったら、おもちゃをしまっていると話していましたよ!

 

寝る30分前までに入浴を済ませておく

 

入浴は遅くとも、寝る30分前までには済ませておきましょう。

 

お風呂に入ると目が覚めやすいし、お風呂のおもちゃで、

1歳児が興奮しがちになります。

 

極力は早めに入浴を済ませていくと良いですよ!

 

部屋の照明は暗めにしておこう

 

1歳児の就寝時間30分前になったら、寝室の照明は暗くして、

寝付きやすい環境を作りましょう。

 

特に照明がまぶしいと寝付きが悪い環境になってしまうので、

照明を暗くすることは何気に重要ですよ!

 

寝る30分前には一緒に横になって絵本を読んであげる

 

就寝時間30分前になったら、寝室の照明を暗くし、

手元だけを照らすスタンドライトだけを点けて、

一緒に横になって絵本を読んであげてください。

 

私も小さい頃やっぱり、親に寝る前に絵本を読んでもらっていると、

寝付きが良かった記憶がありますよ。

 

寝付きが悪いのを改善する対処法としてはかなり良いので、

試してみることをおすすめします。

 

適切にエアコンや暖房器具などを使う

 

やっぱり寝る部屋が暑かったり寒かったりするのは良くないので、

季節に応じて、快適に寝付けるよう、エアコンや暖房器具を使いましょうね。

 

また寒い時期は、寝具を増やしてあげるなどすれば、

1歳児も寝付きが良くなりやすいですよ!

 

寝室以外の部屋からの音や声が聞こえないようにする

 

寝室以外の部屋から音や声が聞こえるのはよろしくないので、

1歳児が寝付いた後も、他の部屋に移動したら、テレビの音や、

会話の声などを小さくしましょう。

 

そうすれば寝室は完全に寝付きやすい環境になるので、

1歳児もぐっすり安眠できますよ。

 

これらが1歳児の寝付きが悪いのを改善できる対処法。

 

ぜひ実行していって、家族みんなの寝不足を解消しましょうね!

 

 

まとめ

 

1歳児の寝付きが悪いのは、寝る前に興奮したり入浴したり、

あるいは寝室が寝る環境として適切ではないから。

 

寝付きが悪いのを改善するためにも、就寝時間30分前になったら、

おもちゃを片付けたり入浴を済ませたりしましょう。

 

そして照明を暗くした部屋で絵本を読み聞かせすると良いですよ。

 

またエアコンなども適切に使い、

他の部屋の音や声が聞こえないようにしていきましょうね!

 

1歳児の寝付きもかなり良くなりやすいので、

早速今日から実行していってくださいませ!

タイトルとURLをコピーしました